宝島ひとり〜80年代〜90年代日本ロックバンド図鑑

主に80年代〜90年代に活躍した国内ロックバンドを紹介しています・・・
※現在、コメント・トラックバックは受け付けておりません
 メールは、右下段・メールフォームよりお願いします
This is a blog that introduces the rock bands of Japan from the 80's to the 90's.
※Sorry,I can't accept a comment and a trackback.
 If you are going to send an e-mail me,please use
a mail form below the blog.
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
THE ALFEE(アルフィー)
THE ALFEE,高見沢俊彦,高橋研,青木望,新田一郎,井上鑑,武部聡志,本田優一郎,森俊之
(2004-08-25)

“ドリームジェネレーション”、アルフィー

高校時代、「ドリームジェネレーション」っていう漫画が、クラスで流行って

みんなで回し読みした。(少年キング連載。今じゃ廃刊だっつうの・・・)

アルフィーを結成前から描いたこの漫画は、非常に面白く、

アルフィーファンでも何でもなかったオレも、けっこう真剣に読んだ。

1974年にデビューしたアルフィーは、もとは“コンフィデンス”という

4人組のフォーク・グループだった。

「ドリームジェネレーション」連載当初から、焦点を当てられていたのが

高見沢俊彦

漫画の作中、高見沢俊彦は、レッドツェッペリンを愛する、ロック少年であった。

ツェッペリンの音楽に傾倒する彼は、ひたすらギターの練習に励んだ。

細かいことは、忘れたがしばらくして出会うのが、坂崎幸之助

天才的なギターテクニックを持つ、坂崎の存在に高見沢は圧倒される・・・

と、描かれていた。(と、思う。)

この二人に、“荒川村のウグイス坊や”の異名を持つほどの美声の持ち主、

桜井賢が加わり、アルフィーの母体ができあがる。

その後、“コンフィデンス”結成当初のメンバーが一人抜け、3人になったところで

“アルフィー”に改名。その頃から、フォークよりもロック色を濃くしてゆく。

長い間ヒットに恵まなかったが、83年、「メリーアン」の爆発的ヒットによりブレイク。

以降は、誰もが知っている通りの活躍ぶりだ。

ヒットを飛ばし続けても、ライブに重点を置く活動を継続し、年間公演回数は

常に100回を軽く超え、結成31周年には、国内バンドとして前人未踏の

単独有料公演回数2000回を記録した。

また、決して、地方をおろそかにせず、どんな小さな町でも

公演を行うスタンスを貫いてきた。

そして、アルフィー最大の武器は、良質なファンに恵まれていること。

(グルーピーまがいのとりまきしかいない不幸なバンドってたくさんあるからねぇ。)

知っている限り、自分をしっかり持った、常識のある人が多い。

アルバムが出るたび、きちんと購入し、足しげくコンサートに通い、

常に暖かい声援を送り、支え続けている。

ファンとアーティストの間に、対等ないい関係が築かれている。

本人たちの人柄もあるんだろうが、こういうファンを持ったグループは

鬼に金棒だろう。

“ドリームジェネレーション”から、スターダムへ上り詰めたアルフィーは、

これからも優秀なファンと二人三脚で歩んでいくに違いない。

余談 : ファンの間でも“幻の漫画”と言われ、入手困難だった

「ドリームジェネレーション」は、復刻され、発売中。

メンバーに直接取材し、描き上げたというだけあって、信憑性は高い。

アルフィーファンでなくても、音楽の道を志した若者たちが、挫折し、

落ち込みながらも道を切り拓いていくドラマとして充分見ごたえあります。

THE ALFEE 公式HP

http://www.alfee.com/



Artist : THE ALFEE
Recommend Album : 30th ANNIVERSARY
                               HIT SINGLE COLLECTION 37 

THE ALFEE is a group who has the record for the most performance
in Japan since they debuted.

They have 44 songs that has been placed continuously
in the sales chart in Japan since 1983.

They have kept acting now as one of the foremost group in japan
.

スポンサーサイト
- | 17:07 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hito-taka.jugem.jp/trackback/92
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.