宝島ひとり〜80年代〜90年代日本ロックバンド図鑑

主に80年代〜90年代に活躍した国内ロックバンドを紹介しています・・・
※現在、コメント・トラックバックは受け付けておりません
 メールは、右下段・メールフォームよりお願いします
This is a blog that introduces the rock bands of Japan from the 80's to the 90's.
※Sorry,I can't accept a comment and a trackback.
 If you are going to send an e-mail me,please use
a mail form below the blog.
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
ムーンライダーズ
鈴木慶一とムーンライダーズ
DREAM MACHINE

インテリ・ロックの最高峰

「ロックは不良のもの」

という、イメージはどうしても拭えないし、元来そういうものであることは確か。

みんながみんな、アナーキーとか横浜銀蝿じゃないけどな!

じゃあ、頭のいい人ってロックは聴かないのぉ?

って、そんなことはありません。

インテリさんは、ちゃんと選んで聴いてるもんッスよ。

むしろ、インテリさんの方が怖いの。

そういう人に限って、酒もたばこも小学生デビュー。

要領よく夜遊びして、案外初体験も早かったりする。

回転が速く、要領がいいから、親や教師に見つかることはなし。

で、中学くらいには、もうすでに色々やり尽くしちゃって、

あきあきしちゃってるから、同世代が「うぉー!不良だぁ!」って

聴いている音楽なんか、ちゃんちゃらおかしくって聴けない。

そういう知力・精神力に余裕のある人たちが認めるバンド

それが、ムーンライダーズ。

76年に、鈴木慶一(宮崎美子のCMでおなじみ♪今の君はピカピカに光って〜♪

を作曲した人って言えばわかりやすい)

を中心に結成されたムーンライダーズは、

元々は、はちみつぱい解散後、鈴木慶一のソロ・アルバム「火の玉ボーイ」(大名盤)

に、参加していたミュージシャンたちであった。

メンバーは、以下の通り

鈴木慶一 (ヴォーカル、ギター)
岡田 徹 (キーボード・コーラス)
武川雅寛 (ヴァイオリン・トランペット・コーラス)
かしぶち哲郎 (ドラムス・コーラス)
鈴木博文 (ベース・ギター・コーラス)
白井良明 (ギター・シタール・ギタギドラ・コーラス)

・・・・すんげえ。現在日本のミュージックシーンに欠かすことができない

大御所ミュージシャンの集まり。

相当我が強そうで、ぶつかりそうに思えるが、このメンバーで

30年以上やっている・・・

各自が、本体活動の他、ソロ活動、様々なアーティストのプロデュース、

楽曲提供、スタジオミュージシャンなどの膨大な音楽業をこなす。

様々な音楽性の変遷を遂げながら、常に知的かつ探究心に満ちた

サウンドを提供し続ける、ムーンライダーズ。

がちゃがちゃした、ガキんちょロックにあきあきした先鋭的なご仁へ。

あなたの知的好奇心を満足させることは、間違いなし。

ムーンライダーズ公式HP

http://www.moonriders.net/



Aritist : MOONRIDERS
Recommend Album : HINOTMA BOY

MOONRIDERS is one of the oldest rock band in Japan now.
Six each one members are taking an active part
as an important musician in the music business in Japan.

Their Debut album “HINOTMA BOY"; released in 1976
is known as a masterpiece of the rock albums in Japan.

The feature of their music is a variegated sound and intellectual lyrics.
Their music influenced a lot of musicians, writer, and cartoonist.

MOONRIDERS is acting now by the same member.
スポンサーサイト
- | 14:03 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hito-taka.jugem.jp/trackback/87
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.