宝島ひとり〜80年代〜90年代日本ロックバンド図鑑

主に80年代〜90年代に活躍した国内ロックバンドを紹介しています・・・
※現在、コメント・トラックバックは受け付けておりません
 メールは、右下段・メールフォームよりお願いします
This is a blog that introduces the rock bands of Japan from the 80's to the 90's.
※Sorry,I can't accept a comment and a trackback.
 If you are going to send an e-mail me,please use
a mail form below the blog.
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
オフコース
オフコース,小田和正,鈴木康博,山上路夫,山川啓介,東海林修,松本隆,ランディ・グッドラム,馬飼野俊一,青木望,矢野誠
(1998-05-21)

世界一せつないラブソング

その昔まだ子供だった頃、姉が聴いていた一本のカセットテープから

流れた一曲。

子供でも胸を締め付けられるせつないラブソング。

生まれてはじめて音楽というもので涙を流した瞬間でありました・・・

オフコースの「さよなら」は、当時の小中学校における合唱コンクールで

課題曲として採用されるほど、絶大な人気を誇る国民的名曲となった。

うるさ方の教育委員会や教師たちでさえ、認めさせてしまうほど

優れたラブソングを生み出したオフコースは、1970年にデビュー。

当初はフォークバンドとして活動していたが、長いことヒットに恵まれずにいた。

そしてついに、結成10年目に「さよなら」を発表。

爆発的なヒットとなり、一躍人気グループとなった。

「愛をとめないで」「言葉にできない」「YES−YES−YES」など

もう説明する必要がないほどの数多くの名曲を世に送り出した。

あまたある歌番組にはいっさい出演しなかったことも

かえってグループの価値を高めた。

日本のトップグループとして音楽シーンを牽引し続けたが、

89年、惜しまれつつも解散。

その後、小田和正をはじめとする各メンバーはソロで活動。

特にあの氷室京介も憧れてやまないという、小田和正の天性の

美声は、彼自身による様々な名曲に乗って、今もって我々の耳に届けられている

ことは周知の事実。

今でも「さよなら」は、自分の中で世界一せつないラブソングだ。

これを超える名曲は、そうそう見つからない・・・



Artist : OFF COURSE
Reccomend Album : OFF COURSE GREATEST HITS

Kazumasa Oda is known to the public as great musician,

who belonged to a group, OFFCOURSE.

One of my favorite love song is "SAYONARA" as the maximum hit 

in 1979 in Japan.

They made various love songs and whice were populer among

young generation.

They dissolved in 1989 with it supported by a lot of people.



 

スポンサーサイト
- | 17:40 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hito-taka.jugem.jp/trackback/74
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.