宝島ひとり〜80年代〜90年代日本ロックバンド図鑑

主に80年代〜90年代に活躍した国内ロックバンドを紹介しています・・・
※現在、コメント・トラックバックは受け付けておりません
 メールは、右下段・メールフォームよりお願いします
This is a blog that introduces the rock bands of Japan from the 80's to the 90's.
※Sorry,I can't accept a comment and a trackback.
 If you are going to send an e-mail me,please use
a mail form below the blog.
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
THE ROOSTERS(ザ・ルースターズ)
ザ・ルースターズ
日本コロムビア

 正統派ロックの源流

ジャパン・ロック史を語る上で、絶対に欠かせない存在であるルースターズ。

我々が崇めてやまないミッシェル・ガン・エレファントや

東京スカパラダイス・オーケストラなど、ルースターズの影響を受けた

優秀なバンドやミュージシャンは、多数いる。

80年にデビューし、スピード感溢れる本格的なR&Rで、ロックファンのみ

ならず、音楽関係者をも虜にしていたが、途中から、UKニューウェイブ系に

シフト変換する。

この方向変換の裏には、ヴォーカル・大江慎也の精神的不調があるらしい。

デビュー時からのファンの中には、初期のたたみかけるような荒々しいサウンドを

好む人が多かったため、この変化を受け取れずにいたらしいが、

個人的には、この第2期ルースターズ、なかなかいいと思ったりする。

確かに、“ロージー”の疾走感は鳥肌モノだが、“Sad Song”なんか叙情的で

美しく、とても精神面に影響があったとは思えない出来栄え。

(それとも精神不安定だったから、こういうサウンドになったのか・・・)

その後、大江はフロントに立てないほど重症化し、ギタリストの花田裕之が

ヴォーカルをとることになる。

この“花田ルースターズ”が我々世代に、馴染みのあるルースターズ。

花田サンが歌っているイメージの方が強い。

花田ルースターズになってから、元来のドライブ感と爆発するようなギター音で

最高にカッコイイバンドになった。

2004年に解散するが、近年大江サンを含めたオリジナルメンバーが集結し、

一夜限りの再結成ライブを行った。

(見た人は、スーパーラッキーですな〜)

ルースターズからミッシェルが生まれ、さらにミッシェルからどんなスゴイ

バンドが生まれるか・・・・

このサラブレッド的血統、ずっと続いて欲しいと願うばかりなり。


スポンサーサイト
- | 15:40 | - | - | - | - |
コメント
from: -   2010/06/27 9:51 PM
管理者の承認待ちコメントです。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hito-taka.jugem.jp/trackback/46
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.