宝島ひとり〜80年代〜90年代日本ロックバンド図鑑

主に80年代〜90年代に活躍した国内ロックバンドを紹介しています・・・
※現在、コメント・トラックバックは受け付けておりません
 メールは、右下段・メールフォームよりお願いします
This is a blog that introduces the rock bands of Japan from the 80's to the 90's.
※Sorry,I can't accept a comment and a trackback.
 If you are going to send an e-mail me,please use
a mail form below the blog.
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
フラットバッカー
FLATBACKER
ビクターエンタテインメント

ボヘミアン・メタル

「FLATBAKCER」という名を知らなくても、「E.Z.O」と言えば

聞き覚えのある人は多くいるのではないかと思う。

現にこうやって紹介している本人がそうである。

ふらっとばっかー?なんのこと?という感じだが、

E.Z.Oでやっと納得したくらいなんで。はい。

メタルなんぞ大して興味もない自分が名前を記憶していたんだから、

それなりの知名度であったことをまず言っておきましょー。

一つのバンドで名前が二つ。それにはこーゆーわけがあったそうな。

1982年、札幌で結成。当時のバンド名は「FLATVACKER」だ。

(ややこしいな、もう)

活動から2年後、「皆殺し」という作品をデモテープで発表。

これが音楽評論家の目に留まり、雑誌で記事として紹介される。

「北海道にすごい連中がいる」と話題を呼んだ。

バンドはその後、ビクター主催のコンテストで見事入賞。

85年、「戦争ーアクシデント」でメジャーデビューとなった。

この時は綴りを「FLATBACKER」に変えている。

細木数子にでも言われたんでしょうか・・・

さて、バンドは日本人離れした達人的ヴォーカルや過激な歌詞で、

ハードコアファンから絶大な支持を受けるが、

あまりに過激なリリックが一部日本人に受け入れられず、

(「ゲロ吐き出すなら死んだ方がましだぜ」とか。そんなに過激とも思えんが)

それなら、と目指したのが全米デビュー。

彼らがデビューした当時、アメリカはハードロック全盛期。

これだけの実力をもってすれば、うまく波に乗ることができるかもしれない。

バンドは満を持してアメリカへ渡る。

ガンズ・アンド・ローゼスの成功で一大レーベルとなった

ゲフィン・レコードと契約。

プロデューサーに、なんとKISSのジーン・シモンズを迎え、デビューを飾る。

この時、バンド名を「E.Z.O」に改名。

出身地北海道(蝦夷)にちなんでつけたそうだが、

なしてそんなことをしたのか、さっぱりわからない。

とにもかくにも、見事全米デビューを果たしたE.Z.O。

その後、同レーベルのガンズのツアーに同行し、2ndアルバムを出すなど、

それなりの活躍をする。が、

全ての夢を勝ち取ったかに見えた1990年、バンドは解散に至る。

理由は簡単。

これだけ頑張ったにも関わらず、結局日本では受け入れてもらえなかったから。

日本人でありながら1度も母国のステージに上がることなく終わってしまった。

やはり根っこのところは日本人だったということでしょう。

大変皮肉な結果に終わったE.Z.Oもとい、フラットバッカーの人気は未だに健在。

多くのファンが掲示板で吠え、絶盤状態のCDを買い求め、

その早すぎた音楽性に惜しみない拍手を送っている。


は〜ほ | 14:31 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
- | 14:31 | - | - | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.