宝島ひとり〜80年代〜90年代日本ロックバンド図鑑

主に80年代〜90年代に活躍した国内ロックバンドを紹介しています・・・
※現在、コメント・トラックバックは受け付けておりません
 メールは、右下段・メールフォームよりお願いします
This is a blog that introduces the rock bands of Japan from the 80's to the 90's.
※Sorry,I can't accept a comment and a trackback.
 If you are going to send an e-mail me,please use
a mail form below the blog.
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
リアル・フィッシュ
ソフィティケート・トウキョウ

東京が大好きである。

東京生まれ東京育ちだから、というわけではない。

世界で一番先鋭的なカルチャーを発信していた都市だったからだ。

ファッション、映画、音楽。全てが研ぎ澄まされていたあの時代。

実験的かつクリエイティビティな音楽文化、世の忠告をモノともしない

パンキッシュな若造、黒一色で塗りつぶした斬新な衣服。

世間受けを完全に無視したパーソナルな映画館が数多く立ち並び、

24時間踊り続け、かつ吐き続ける夜光虫もうじゃうじゃ。

カルチャーとクリエイティブに侵されたまま死にたいと切望する者にとって

世界のどんな都市より臨終に相応しい街。

歌謡曲一辺倒からポップス、ロックへと幅を広げ、

音楽文化過渡期にあったのもこの頃。

“トウキョウ”という括りで洗練されたジャンルが確立されたのは

特に注目すべきところ。

伝説のポップインストバンド、リアル・フィッシュの登場もその一つ。

SHISHONEN戸川純YAPOOS等で活躍した戸田誠司をはじめ、

UAなど数多くのアーティストのコンポーザーとして知られる福原まり

日本を代表するサックスプレイヤー、矢口博康らを中心に結成された。

ジャズやテクノ、フュージョン・・・あらゆる要素を融合させた

不思議に心地良い無声のポップソングは、都会で働く人々の清涼剤。

一時の安らぎ。そんなこともあってか、主に大人のワーキングかつアートな

リスナーから支持された。

活動休止後もCDが再発されるなど、人気は衰えず。

良質なポップスの担い手としてリスペクトされ続けている。

日本でもこういう音、作れるんだなあ。ヨーロッパなんかに全然

負けてないなあ。あと10年、20年したらもっとすごいのが

出てきて、日本は、トウキョウはどこよりもソフィティケートな

文化を持つ大人の国になるに違いない。誰もがそう思っちゃったはず。

あれから30年。

街に溢れるは、コスプレルックのギャルたち。

TVからは衆院選より重要視されるアイドルの総選挙。

判で押したような音楽やコミック・・・。

だから、これは遠いお話。

まだ東京がソフィテケートされていた時代の、最後の文化。

ら〜ろ | 11:36 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
- | 11:36 | - | - | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.