宝島ひとり〜80年代〜90年代日本ロックバンド図鑑

主に80年代〜90年代に活躍した国内ロックバンドを紹介しています・・・
※現在、コメント・トラックバックは受け付けておりません
 メールは、右下段・メールフォームよりお願いします
This is a blog that introduces the rock bands of Japan from the 80's to the 90's.
※Sorry,I can't accept a comment and a trackback.
 If you are going to send an e-mail me,please use
a mail form below the blog.
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
リザード
リザード
インディーズ・メーカー
¥ 2,200
(2004-10-25)

トカゲの再生

どうしてくれよう?セバスチャン。

「18 and life」で出てきた頃は、世の中にこんなキレイな男がおるんかい!

凄まじい衝撃であったというのに・・・

とんでもねえ美貌の上、サラッサラのパツキン、

190cmのタッパに鍛え上げた肉体。もお、たまんねえ・・・それなのに。

20年たったらこれだよ。なんていうんだ?こういうの。

あれだよ。古女房の原理。

ウチの女房、20年前結婚した時は、ほんっと!可愛かったんだよなあ。

なのに、今じゃぶくぶく太りやがって。どうしてくれるんだ!!

オレの青春返せえ!!!!!!

ってとこだな。同じ原理がアクセル・ローズにも当てはまるな。

二人まとめて離婚だ・・・

はあ・・・溜息が止まらねえ・・・ショックのあまり、

更新ができなかったぜ、なんちゃって。

ロック・ミュージシャン。前は長くやってる人、えらいよなあ、なあんて思ってたけど

最近考えが変わりつつある。

ロックはやっぱ20代だよ。ビジュアルを伴うんだからな。

30代、40代ましてや50代のオッサンがやるライブはやっぱ見たくねえ。

氷室京介がどんなに頑張ってBOOWYやろうと、50代は50代。

アンプに足かけたままの「DREAMIN]なんて見たくなかった・・・

永ちゃんみたいなのは、超例外だ。

一度引っ込んだら二度と出てくるもんじゃねえや。

キッズの夢を奪っちゃいかん。

どいつもこいつも再結成だの20周年だの30周年だのって、まあ・・・・

その昔、シンガポールエアラインのスッチーは25歳で陸地勤務となった。

ある意味正しい。

永遠にヒロイン張れるのは、吉永小百合だけさ。

日本のみならず世界のロックが高齢化の一途。“ヒースの茂みで血を吐き”まくりだ。

こうなりゃ件の航空会社見習って法改正だ。

現世じゃ無理そうだから来世に施行するか。

「ロックミュージシャン25歳定年法」。どうだろう?

まあ、それはいいとして。

リザードだよ。元は紅蜥蜴っていうバンドやってた中心人物のモモヨ(♂)が

そのまま改名してリザードになった。

1978年、かのストラングラースベーシスト・ジャン・ジャック・バーネル

のプロデュースの元デビューを果たす。これだけでも結構スゴイ。

その後80年代半ばまで作品を発表し続けるが、どういうわけかそこで

ぴたりと活動を停止する。

以降、モモヨは本名の菅原庸介名義で音響機器の設計、コンサルティングなど

バンドとかけ離れた形で音楽に携わる仕事をするようになった。

もうリザードはなしか?思われたが、現在モモヨのソロ・プロジェクトとして

バーチャルのみの活動をしているとのこと。

簡単にしっぽは切れないらしい。なにしろ、リザード(トカゲ)だから。
 
ら〜ろ | 15:26 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
- | 15:26 | - | - | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.