宝島ひとり〜80年代〜90年代日本ロックバンド図鑑

主に80年代〜90年代に活躍した国内ロックバンドを紹介しています・・・
※現在、コメント・トラックバックは受け付けておりません
 メールは、右下段・メールフォームよりお願いします
This is a blog that introduces the rock bands of Japan from the 80's to the 90's.
※Sorry,I can't accept a comment and a trackback.
 If you are going to send an e-mail me,please use
a mail form below the blog.
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
安全地帯

今が旬。

安全地帯、今が旬。・・ってなわけで、やっちまおう(笑)

玉置浩二が連日のように、やらかしてくれるワイドショーネタはさておき、

(語りて〜)本ブログは、表向きレビューブログのため、

ここは純粋にバンド紹介をしていくこととする・・・

安全地帯は、1973年、北海道は旭川で結成された。

結成当初から、実力のあるバンドとして名を馳せ、数多くのコンテストに出場。

そのうち、北海道癸吋丱鵐匹箸靴特里蕕譴襪茲Δ砲覆襦

1982年井上陽水バックバンドを務めたことをきっかけにデビュー。

が、実質的な活動は、陽水のバックバンドのみで、

自身のレコードは売れず、苦しい日々を送っていた。

そして、翌年。転機が訪れる。

1983年初頭に発表された1stアルバムからの曲、

「ワインレッドの心」がCMに起用され、大ヒットとなったのだ。

安全地帯の代表曲ともいえる、この名曲は、

後に、日本をはじめとするアジアの数多くのアーティストによって

カバーされるようになる。

その後、次々にヒットを飛ばし続けた安全地帯は、

多彩な楽曲と、玉置のダイナミックかつ繊細なヴォーカル、

他のバンドを寄せ付けないほどの卓越した技量により、

80年代を代表するロックバンドとして、その名を刻んだ。

しかし、80年代後半から、玉置をはじめとするメンバー個々の活動が

目立つようになり、90年代以降、実質的に活動休止状態が続いた。

んで、満を持して、2010年。メンバー全員50代。(大丈夫か?)

玉置は、離婚歴3回、4度目の結婚にして、

安全地帯完全復活!!!!

が、成されたわけですヨ。

もう、あとこの辺の情報は、あえて書く必要もナシ。

ワイドショーで楽しんでください(笑)

玉置浩二の人間性は、ともかく、

安全地帯っていうのは、すげえいいバンドだ。これだけは、事実だ。

ミュージシャンの人間性ってのが、そのまま音楽に反映されるわけじゃないんだなぁ

と、しみじみ思いつつ、今日もワイドショーにわくわくするオレ。



Artist : ANZENCHITAI
Recommend Album : Remember to Remember

ANZENCHITAI is a  band  taht is represented  in 80's,
and having many hit tunes.
They formed in 1973 in Hokkaido, and participated in many contests.
They debuted as back band for YOUSUI INOUE in 1982,
and released 1st album in early in 1983.
They made a great hit with the song,"WINE RED NO KOKORO"
which a major turing point for a band.
After that  they released  hit songs in succession, and won
fame as top group.

Although they stopped act in 90's, restarted the activity
as the band in 2010, and will perform in not only Japan
but also each country of Asia.

あ〜お | 21:45 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
- | 21:45 | - | - | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.