宝島ひとり〜80年代〜90年代日本ロックバンド図鑑

主に80年代〜90年代に活躍した国内ロックバンドを紹介しています・・・
※現在、コメント・トラックバックは受け付けておりません
 メールは、右下段・メールフォームよりお願いします
This is a blog that introduces the rock bands of Japan from the 80's to the 90's.
※Sorry,I can't accept a comment and a trackback.
 If you are going to send an e-mail me,please use
a mail form below the blog.
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
COBALT HOUR
COBALT HOUR (JUGEMレビュー »)
荒井由実, 松任谷正隆
CATEGORIES
     
無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
モバイルSEO 敏感肌
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
ジューシー・フルーツ
ジューシィ・フルーツ
コロムビアミュージックエンタテインメント

イリアは、上機嫌

1980年代初頭は、今と違ってTVの音楽番組が非常に盛んだった時代。

「ザ・ベスト10」「ザ・トップ10」をはじめ、様々な音楽番組が

毎日のようにTV欄を飾った。

出てくるのは、アイドル歌手ばかりだったから、たまに毛色の違うのが出てくると、

妙に印象に残っていたりする。

「ジェニーはご機嫌ななめ」をひっさげて、出てきたジューシー・フルーツもその一つ。

男女4人組で、紅一点がヴォーカリストのイリアだった。

当時、女性の歌手っていうと、横一列同じ髪型のアイドルちゃんか、

五輪真弓とか大橋純子みたいに、神レベルに上手い大人の女かどっちかしか

いなかったから、ギターを片手に仁王立ちして歌うイリアが、非常に物珍しかった。

1980年にデビュー。前身は、かの近田春夫のバック・バンド「BEEF」だった。

大ヒットを記録した「ジェニーはご機嫌ななめ」は、近田の作曲による。

歌謡曲とテクノの中間のような不思議な雰囲気の曲だが、

イリアの裏声ヴォーカルが、ぴったりマッチしていた。

そう、イリアってなんかルックスもファルセットな感じなんだよね。

なんか突き抜けた透明感があったよなあ・・・

ジューシー・フルーツ自体は、84年に解散。

が、近年その楽曲が改めて見直しされ、

Perfumeをはじめとする、多くのアーティストがカバーしている。

やっぱ、ジューシーも再結成とかになっちゃうのか?

でも、あんま年とったイリアは、見たくないなあ。

あのまんまの記憶を残しておきたい・・・・



Artist : JUICY FRUITS
Recommend Album : Drink!

JUICY FRUITS was a band which supported Haruo Chikada,
and held IRIA as female vocalist who sang in falsetto.
It became a popular group by the smash hit of
"Jenny Wa Gokigen Naname" in 1980.
After that, they released seven albums, and dissolved in 1984.

Their music is revalued, and many artists covers their tunes now.


スポンサーサイト
- | 14:37 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hito-taka.jugem.jp/trackback/103
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.